So-net無料ブログ作成

自民の参院選 山崎、保岡両氏は公認見送りへ(産経新聞)

 自民党は8日、夏の参院選比例代表に出馬の意向を示している山崎拓元副総裁(73)と保岡興治元法相(70)の公認を見送る方針を決めた。同じく比例代表の公認を求めている片山虎之助元総務相(74)も来週中に最終判断する。3氏の処遇をめぐっては、参院自民党で影響力のある青木幹雄前参院議員会長(75)の影がちらつく。とくに片山氏について、青木氏は公認を求め、中堅・若手が「70歳定年制」を盾に反対する中、板挟みにあった格好の執行部は慎重に進めていく。

 青木氏は昨年12月25日、大島理森(ただもり)幹事長に「何かあったらお手伝いする。参院自民党がまとまるよう、私も努力したい」と述べた。その一方で「衆院の落選者が参院に来るのは、参院側にとって抵抗感がある」と、山崎、保岡両氏の公認を見送るよう促した。

 ただ、片山氏については、参院幹事長を経験したことや地元の岡山県連も要望していることなどを理由に「山崎氏らとはちょっと違う」として、例外扱いで公認することを暗に求めた。

 執行部は来週、岡山県連幹部や片山氏から意向を聞いた上で処遇を判断することにしている。ただ、青木氏の意向通りに進めれば、党内に強い反発が噴出するのは必至だ。ある幹部は、難しい調整をこう嘆く。

 「山崎氏らと片山氏との『差』を簡単には説明できない。片山氏を公認したら党内政局だ。若手が黙らない」

【関連記事】
あの人に口説かれた?自民目玉“美しすぎる”市議の本音
「一・一ライン」市川氏が公明の常任顧問に
参院選、自民・大島氏「反小沢」のマグマが勝機
谷垣総裁も山崎氏公認に慎重姿勢 自民、70歳定年ルールが基本
山崎氏、国民新から出馬か 参院選へ自民離党も検討

ベビーシッター募集中!
終わりなき旅
カードでお金
債務整理無料相談
現金化

「日米同盟感謝すべき」…防衛省での首相訓示(2)(読売新聞)

 私たち政治家が本来ならば、もっと世界に向けて平和を外交的な努力のもとで達成させなければならないことは言うまでもありません。そこに外交の真価が問われるわけでございます。

 核を持たないと覚悟を決めている我が国がだからこそ、率先して核兵器廃絶のための先頭を切って行動することも当たり前の話だと思っております。しかし、世界の中でまだ紛争が消えたわけではありません。様々ないさかいがまだ世界各地で起こっていること、残念でなりません。ならばこそ、私たちが万一に備えて、自衛隊の皆様方に、いわゆる万一の時の抑止力として、それが起きないための抑止力として皆様方が常に磨きをかけておられることは、大変ありがたいことでございます。

 と同時に、核を持たない国として、世界の中で核をまだ捨てきれずにいる国々、さらにはこれから核を持とうとしている国、こういう国がある中で、日本だけですべて自衛できるか、この国を守るために、日米同盟、日米安保というものが存在することも私どもとすれば、ある意味で理解をするべきであり、いやむしろ、理解というよりも、感謝をすべきことだと思っています。今年は日米同盟、安保が改定されて50年という節目の年を迎えます。なればこそ、私どもとすれば、日米同盟をさらに深化をさせていくことが肝要だと思っておりまして、そのための大変重要な1年だと私たちは理解をしております。

金の成る木
我育ち盛り故
クレジットカード現金化 比較
債務整理
クレジットカード現金化

しらせが昭和基地接岸=予定より6日遅れ(時事通信)

 【昭和基地=南極観測隊同行記者】南極観測船「しらせ」が10日午後11時30分(日本時間11日午前5時30分)、昭和基地に接岸した。例年の約2倍の厚さの氷と積雪に進路を阻まれ、当初の予定より6日遅れでの到着。第51次南極観測隊の輸送、観測計画に影響が出るのは必至だ。
 昨年5月に完成したばかりのしらせにとって、初めての同基地接岸。船首に散水装置を備えるなど、世界トップクラスの砕氷能力を持つ同船だが、基地沖20キロの辺りから厚さ2〜3メートルの氷と1〜2メートルの積雪に苦戦した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕The Northern Lights オーロラの世界
南極観測隊、隕石4個発見=昭和基地から600キロ地点
ペンギンの群れが歓迎=しらせ、昭和基地沖に到着
南極・昭和基地で火災=廃棄物焼く、けが人なし
南極天文台開設へ現地調査=ドームふじ基地で筑波大講師

せいじのブログ
農場をつくります
ショッピング枠現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
携帯ホームページ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。